【デポット】空間の活用法としてデポットはいかがですか?

こんにちは。さいたま新都心駅(大宮区)にある「キッツプラン建築設計事務所」です。
年末の大掃除のまま、お部屋の中はきれいな状態ですか? 今回は、整理整頓をするために欠かせない収納スペースについてです。

デポット
ものを保管、貯蔵する蔵という意味で収納スペースの一種です。

ウォークインクローゼットに近いイメージを持たれるかもしれませんが、「ロフト(天井高1.4m以下)を下にもってきた空間」という感じです。階数に入れないフロア(スキップフロア)で、キッツプランのお客さまの事例ですと2〜3畳ほどのスペースが多いです。「利用頻度の少ない大きな荷物はロフトへ入れておこう」と思わると思いますが、実は、大きな荷物を上に上げて収納するのは重労働。動線のいい下にあるほうが利便性も高いわけです!

例えば、デポットを小さなお子さんの遊びスペースにすることもできますし(仕切られた空間なので、おもちゃを広げても目隠しされていて気にならない)、デポットの上のスペースを勉強部屋のように使われる方も。また、デポットの壁側にテレビを取り付けて、その裏側にデポットをつくるなんてことも可能です。

デポットは建築平米に加算されないので、下を収納スペースのデポットに、上を和室に、と空間を2通りに使うことができるのが特徴ですね。「収納はたくさんあったほうがいい」というのは共通のご意見かと思いますが、デポットという選択肢まで検討していただけると、家づくりの幅が広がると思います。

◎経験豊富な女性の一級建築士が家づくりをサポートします。ご家族のライフスタイル、ニーズに合わせた提案をしています。

[ 公式ブログ 一覧へ戻る ]